スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新着旅行記 6/26

東福寺の塔頭を訪ねて〜 1.霊雲院

2008年6月26日、15:39:45 | jyugonGo to full article
この週末は梅雨の晴れ間という訳には行かずいつ雨が落ちて来てもいいようなお天気でしたので、雨でも大丈夫な所と思い東福寺の塔頭を訪れることにしました。 霊雲院〜天得院〜分陀院(雪舟寺) 訪れる人も少なく静かな世界でいいお庭を見ながらゆっくりとした時間を過ごしました。 霊雲院は、東福寺の塔頭寺院で見所は庭園です。元中7年(明徳1年・1390)に岐陽方秀によって開かれ、はじめは不…

ベトナム ニャチャン

2008年6月26日、15:39:45 | masa japonGo to full article
ホイアンからニャチャンへ…

HIDEAWAY HOTELの憂鬱

2008年6月26日、15:39:15 | JET STREAMGo to full article
Under Construction …

気がつけば世界遺産 ドイツ・ポーランド―オーバーアマガウ、ヴィース教会、ムラナウ

2008年6月26日、15:39:02 | kumustaGo to full article
ドイツ2日目。家々の壁にフレスコ画が描かれたオーバーアマガウの町に行ってみたい、と友人に言うと、「別に壁のフレスコ画はオーバーアマガウだけのものじゃなくて、あの地方ならあちこちで見られるのよ」と言う。「そうなの?オーバーアマガウだけかと思ってた」と言うと「オーバーアマガウはPRがうまいのね。あそこまで行くなら、ついでにムラナウ、ヴィース・キルヒェ、クロスター・エタルもまわりましょう。と…

ライヤ・ホワイト・サンド・ビーチ

2008年6月26日、15:38:38 | pinoyGo to full article
ライヤ・ホワイト・サンド・ビーチ(Laiya White Sand Beach)に行ってきました。今回も午前4時、3台の車で出発しました。…

元陽の棚田村を訪ねて

2008年6月26日、15:38:34 | がまだす@熊本Go to full article
昆明から元陽まで270 km、鉄道は通っていない。バスでおよそ7時間。元陽は、ベトナムの避暑地サパと首都ハノイに近い辺境の集落。なぜ元陽?世界一広大な棚田が集落ごとに存在して、ベストシーズンになると中国国内ばかりか、世界中からカメラマンが押し寄せるという。 元陽行きのバスは・・・ラオスのローカルバスに匹敵くらいくたびれている。料金は73元、日本円で1千円ちょい。 …

【EURO-10】Corail Teozに乗る(モンペリエ→ニース)

2008年6月26日、15:38:09 | nekomaskGo to full article
続いてはニースまで列車の旅。 今回乗った列車は、Corail Teoz(コライユ トア)。 この名前は、特急や急行といった感じの列車種別の1つ。 SNCF(フランス国鉄)を走る列車では、上から2番目に当たる。 1番上の種別は、もちろんTGVやユーロスター。  でもこっちの方が車体が大きく、座席もゆったりしていて快適。 南仏の地中海沿岸を結ぶ列車の旅をご覧下さい。 天気は…

九日目〜♪今日は徹底的に!スーパーチ〜ェ〜ック♪(^^

2008年6月26日、15:37:53 | こんど何処行こう〜Go to full article
もう帰る日なのだ。時間の経つのは早い、早い。年も取る筈だ。(、、 姉が、サイアムニラミット見に行った時にタクシーの窓から見たスーパー、ジャスコとかロビンソン、カルフール(これは私が行きたいと言った。)見に、地下鉄に乗り換えて「なんとか駅」に行く。(←すごくいいかげんですみません。サイアムニラミット見に行く時に降りる地下鉄駅です。) 駅降りてすぐがジャスコ。隣がロビンソン…

梅雨時のプチ旅行前半・潮来あやめ園

2008年6月26日、15:35:32 | まりも母Go to full article
久しぶりに茨城プチ旅行に行きました。今回は、梅雨の中休み・曇り空の日でしたが、潮来の「前川あやめ園」へ。あやめと言ったら潮来・潮来と言ったらあやめ、という訳で、やっぱり茨城塗りつぶしツアーには外せません。あやめはやや盛りを過ぎた所ですが、第57回あやめまつり開催中の花園(?)をたずねてみました。 実に潮来あやめ園は約20年ぶりの訪問です。やっぱり以前の記憶とはちが…

熟年夫婦の珍道中 Kemble、Cheltnum/Cotswolds/UK

2008年6月26日、15:35:21 | oiwasanGo to full article
<教会へ招かれた異邦人> Kemble  〈June 11) 「私どもは、どのような人にも心を開いております。 中へどうぞおはいり下さい。 只今ちょうど、family service の最中なので、皆さんとお話下さい。 きっと歓迎してくれるでしょう」と長身の牧師に言われて、教会の中へ入る。 ちょうど教区の人たちの懇親会が行われている所へ招かれた形になった.。  Biblyからタクシーで…
スポンサーサイト

comment

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
フリーエリア
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
フリーエリア
フリーエリア
最近の記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。