スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「熱海 ふふ」

ここ数年、“昔ながらの温泉地”というイメージを覆す、スタイリッシュな宿のオープンが相次ぐ熱海。昨年にオープンした「熱海 ふふ」は、中でも群を抜く存在として話題だ。そこには都心から1時間足らずという気軽さでたどり着ける、ラグジュアリーな癒しの世界がある。

誰にも邪魔されない休日をくれる、贅沢な“篭り系”の宿

熱海駅から車で5分、駅前の喧騒を離れた静けさの中に、「熱海 ふふ」はある。送迎のレクサスが黒御影のファサードを越えると、聞こえるのは川のせせらぎ。春は新緑の中を桜の花びらが舞い、秋にはもみじに縁取られる小さな橋が、「熱海 ふふ」の入り口だ。日常はこちら側で終わり、あちら側には時間がゆったりと流れる非日常が待っている。

来(ゆき)

「来(ゆき)」の庭には、エキゾチックな優雅さを醸すハンモックと檜風呂が

宿が最も気遣うのは、誰にも邪魔されないプライベートな休日。バトラーによる部屋でのチェックインやチェックアウトはもちろん、個室や半個室に作られたレストラン、目隠しの施された客室へのトレールなど、キメ細やかな工夫がなされている。客室はその究極と言っていい。全室60平米を越えるゆったりとした空間は、まるで隣り合う部屋などないかのような静けさを保ち、それぞれの庭やバルコニーにある露天風呂では広々とした自然の開放感を、誰の目も気にせず楽しむことができる。ドリンク・フリーのミニバーやエスプレッソマシーン、マリアージュフレールの紅茶など、部屋にはあらゆるものが用意され、我が家以上のリラックスで滞在者を包んでくれる。たとえ足りないものがあっても、受け渡し用のユーティリティボックスが設置されており、別の誰かが部屋に入ってくることなどはない。

ここでしか味わえない、心地よい優雅な癒し

和とモダンを美しく融合させた部屋は、24室すべてが異なるインテリアのスイート。天蓋付のカウチでまどろむ午後や、揺れるハンモックで楽しむ木漏れ日など、それぞれに優雅な休日を演出してくれる。部屋によって違う露天風呂は、香り高い源泉かけ流しの檜風呂や、ジャクソン社製のゆったりとしたバスタブ。またベッドも部屋により、シーリーとシモンズの2種類が用意されている。

フランスのスキンケアブランド“シスレー”によるスパは日本初

フランスのスキンケアブランド“シスレー”によるスパは日本初

そしてさらなる上質な癒しを約束するのが、フランスの高級スキンケアブランド“シスレー”による日本で初めてのスパ。トリートメントは、即効性と安全性を重視した植物美容学(フィトコスメトロジー)と、整体やタイマッサージなどのテクニックを用いた独自のメソッド。丁寧なカウンセリングを経て、まずはラベンダーの香りをブリージング。ゆったりとほぐれた身体が、オイルよりなじみの良いローションのナチュラルなアロマに包まれてゆく快感は、他では味わえない贅沢といえる。

極上の食事を作るための陶匠・中川一辺陶氏による陶器、各部屋のイメージで漂わせるリナリーのルームフレグランス、24時間対応であらゆるわがままを叶えてくれる専属バトラー――この宿での休日の優雅さは、イメージのみにとどまらず、すべてが本物。大人が求める本当の居心地の良さがここにある。
(text/shiho atusmi、photo/ikuko hirose)

verita読者限定特典

ご予約時にveritaを見たと伝えると、夕食時にドリンク(シャンパン)を
お1人様1杯サービス(5月15日~6月30日のご利用期間中)

熱海 ふふ

静岡県熱海市水口町11-48(アクセス
Tel:0557-86-3646
部屋数:24室 全室温泉掛け流し露天風呂付客室
料金:¥55,000~(1泊2食付 お一人様料金)

ご予約方法
Web予約フォーム
・メール reservation1@atamifufu.jp
・Tel:0557-86-3646

スポンサーサイト

comment

Secre

温泉旅館というより、リゾートホテルっぽいですねえ・・・サービスが♪
温泉に浸かることも出来て、素敵なスパも在って・・・贅沢~!!
浸かりたい・・・
フリーエリア
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
フリーエリア
フリーエリア
最近の記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。