スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESTA 電子渡航認証システム アメリカ

米国国土安全保障省(DHS)は8月1日より、、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)を開始したにゃ。この新しいオンラインシステムは、、ビザ免除プログラム(VWP)の一部であるにゃ。現在、、ESTAのウェブサイトでは任意ので申請を受付けているが、、2009年1月12日からは申請が義務化され、、米国に短期商用・観光目的(90日以下)で渡航予定のVWP参加国のすべてのビザなし渡航者は、、米国行きの航空機や船舶に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けることが必要になるにゃ。

2009年1月12日から米国の入国制度が大きく変更されますのでご注意くださいにゃ。観光、、短期商用等の90日以内の短期滞在目的で米国を訪問される場合は、、査証(ビザ)が免除されており、、米国の査証を取得する必要はありませんが、、事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)に従って申請を行い、、認証を受けていないと、、米国政府によれば、、米国行きの航空機等への搭乗や米国入国を拒否されますにゃ。


 詳しくは、、在京米国大使館のウェブサイト(日本語)
http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html )や、、
米国国土安全保障省のウェブサイト(英語)
http://www.cbp.gov/xp/cgov/travel/id_visa/esta/
等をご参照くださいにゃ。

 在京米国大使館では、、有料で電話での問い合わせを受け付けていますにゃ。詳細はhttp://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-nivcontact.html#phone をご参照くださいにゃ。

 査証を取得していない場合とは、、米国において乗り継ぎするケース等も含まれますにゃ。また、、ESTAは査証免除者を対象としていますから、、既に留学や就労の米国査証をお持ちの方は、、ESTAへの申請は必要ありませんにゃ。

 ESTAへの申請は、、専用のウェブサイトhttps://esta.cbp.dhs.gov/  から行いますにゃ。日本語表記のサイトもありますが、、入力自体は英語で行いますにゃ。入力する内容は、、これまで米国入国に際して提出していた出入国カード(I-94W)と同じで、、名前、、生年月日、、性別などの申請者情報、、パスポート情報、、渡航情報の他、、いくつかの質問に対し、、はい、、いいえで答える形式となっていますにゃ。インターネット環境のない方や英語が分からない方等は、、申請者本人以外が代行することも可能ですにゃ。旅行会社で旅行を申し込まれた場合、、別途の契約として申請を代行してくれることもあります(この場合、、旅行会社によっては有料の場合がありますにゃ。)にゃ。

 申請に対する回答は大概即座になされますが、、仮に回答が保留された場合は、、72時間以内に回答がなされますので、、数時間後に再度ウェブサイトで確認してくださいにゃ。また、、認証が拒否された場合は、、最寄りの米国大使館・総領事館で査証申請を行う必要がありますにゃ。

 一度認証を受けると2年間(ただし、、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、、パスポートの有効期限日までにゃ。)有効となりますにゃ。ESTAへの申請は無料ですにゃ。

 米国政府は、、渡航する72時間前までの申請を勧めていますが、、申請自体は、、具体的渡航日程が決まっていなくともできますので、、米国への渡航予定がある方は余裕をもって申請することをお勧めしますにゃ。

 

どのような時にVWP(ビザ免除プログラム)やESTAが利用できますか?

VWPは、、VWP参加国の渡航者が、、短期(最長90日)の観光・商用目的で、、ビザなしで米国に旅行する場合に該当しますにゃ。2009年1月12日以降にVWPを利用する場合は、、ESTA渡航認証を取得しなければなりませんにゃ。就労や留学など、、短期観光・商用以外の目的で渡米する場合はビザが必要で、、VWPやESTAを利用することはできませんにゃ。

ESTA渡航認証はビザですか?

いいえにゃ。ESTAはビザではありませんにゃ。ビザが必要な場合は、、渡米目的に適したビザを申請する必要がありますにゃ。

私は米国ビザを取得していますにゃ。ESTA渡航認証は必要でしょうか?

渡米目的に適した有効なビザを所持して渡米する場合は、、ESTA申請は必要ありませんにゃ。

私のパスポートは海外で発行されましたにゃ。「パスポート発行国」の欄に何を記入したらいいです

か?

あなたの国籍の国を選択してくださいにゃ。例えば、、日本のパスポートがアメリカで発行された場合は、、「パスポート発行国」の欄は「日本」を選択してくださいにゃ。

ESTA申請が認証されるまでにどのくらいの時間がかかりますか?

ESTAは、、可能な範囲内で、、渡航者がVWPで渡米する条件を満たしているかをほぼ即座に判定しますにゃ。ESTA申請の回答には、、認証、、保留、、拒否の3種類ありますにゃ。認証された場合は、、VWPでの渡米が可能ですにゃ。ESTA申請が認証されなかった場合は、、ビザ申請手続きについて国務省のウェブサイト(www.travel.state.gov)で情報を得るよう案内されますにゃ。保留の回答を受けた申請者は、、最終回答を受取る前にウェブサイトで最新情報を確認する必要がありますにゃ。最終回答は72時間以内に受けとれることになっていますにゃ。

渡航認証は旅行のどのくらい前に申請する必要がありますか?

米国に渡航する前であれば、、いつでも申請することができますにゃ。渡航認証は、、できる限り早く、、旅行計画が立てられ次第申請するようお勧めしていますにゃ。DHSは、、必ずしもすべての渡航が前もって計画されないことを認識していますので、、渡航直前の、、または緊急渡航の申請にも対応しますにゃ。

ESTA申請に料金がかかりますか?

DHSは、、当初はESTA申請料金を徴収しませんにゃ。しかし、、将来的には有料になる可能性がありますにゃ。

ESTAを通して渡航認証を再申請しなければならない場合がありますか?

はいにゃ。ESTAを通して新しい渡航認証が必要なケースがありますにゃ。新しいパスポートを取得した場合、、氏名、、性別、、国籍に変更があった場合、、「はい、、またはいいえ」のESTAの質問に対する回答に変更があった場合は新しい申請書を提出しなければなりませんにゃ。また、、渡航認証の有効期限が切れた場合も、、ESTAを通して新しい渡航認証が必要になりますにゃ。

2つ以上のパスポートを所持するVWP渡航者はESTA申請時に使用されたパスポートと違うパスポートを使用して渡米することはできますか?

いいえ、、できませんにゃ。 VWP渡航者はESTA申請の時に使用されたパスポートで渡米しなければなりませんにゃ。もし、、新しいパスポートを取得された場合には、、再度、、ESTA渡航認証を取得しなければなりませんにゃ。 

ESTA渡航認証を受けた後、、目的地の住所や旅行日程に変更があった場合はどうしたらよいですか?

ESTAが承認された後、、目的地の住所や旅行日程が変更された場合、、申請者は情報を更新することもできますが、、義務ではありませんにゃ。

ESTA申請の際に間違い情報を入力した場合はどうしたらいいですか?

ESTA申請のウェブサイトでは、、入力内容をオンラインで送信する前によく確認することが要求されていますにゃ。さらに、、ESTAウェブサイトは、、送信前に申請者のパスポート番号を再確認することを要求していますにゃ。もし申請者がパスポートの情報や個人情報、、または伝染病、、逮捕歴、、犯罪歴、、ビザの取消しや強制送還歴の有無などの適性に関する回答を間違った場合で、、ESTA申請書を送信した後に間違いに気づいた場合は新しい申請書を提出しなければなりませんにゃ。Eメール、、電話番号、、便名、、搭乗地、、目的地などの間違いはESTAの更新機能を用いて更新または修正することができますにゃ。

ESTA申請が拒否されましたにゃ。再申請することはできますか?

ESTA申請が拒否された場合、、10日後にESTAを再申請することができますが、、前回の申請時から状況が変わらない限りESTAによる資格を満たすことはできませんので、、渡米のためには、、大使館・領事館でビザを申請しなければなりませんにゃ。なお、、ESTA認証を取得するために偽の情報で再申請した場合は永久に渡米できなくなりますにゃ。

「ESTA渡航認証8月1日から受付開始で、、2009年1月12日からは義務化される」とありますが、、2008年8月1日から2009年1月11日の間に渡米する場合、、ESTA渡航認証の申請をしなくても問題ありませんか?

問題ありませんにゃ。ESTA渡航認証は2009年1月12日までは任意ですにゃ。ただし、、入国の可否を決定する米国税関・国境警備局(CBP)審査官が、、個々の旅行者の入国を拒否する場合がありますにゃ。事前にESTA渡航認証を取得することで、、米国到着時の入国審査で入国が拒否される可能性は低くなりますが、、全くなくなるわけではありませんにゃ。

第3国へ渡航する途中で米国を通過する予定ですが、、それでもESTA認証が必要になりますか?

はいにゃ。VWPを利用してビザなしで米国を通過するのであれば、、2009年1月12日以降はESTA渡航認証が必要ですにゃ。

ESTA渡航認証を取得していれば米国に入国できますか?

ESTA渡航認証は、、米国への入国を保証するものではありませんにゃ。CBP審査官は、、渡航者の入国を拒否する権利を留保していますにゃ。

ESTA渡航認証が拒否されましたにゃ。米国への入国が認められる可能性はありますか?

ESTA渡航認証が拒否された場合、、大使館・領事館でビザを申請すれば渡米する条件を満たすことが可能ですにゃ。ビザ申請手続きについての詳細は、、在日米国大使館ホームページ(http://japan.usembassy.gov)でご確認くださいにゃ。

ESTA渡航認証の申請手続きは、、本人以外が代行して行う事は可能ですか?

はいにゃ。渡航者の情報をお持ちであれば、、渡航者に代わりESTA渡航認証の申請をすることができますにゃ。ESTA申請書に入力する方は、、渡航者の名前、、生年月日、、パスポート番号など個人情報の他に飛行機の便名や米国滞在中の住所などの渡航情報を英語で提供する必要がありますにゃ。また、、オンラインの申請書に入力する方は、、伝染病、、逮捕歴、、犯罪歴、、ビザの取消しや強制送還歴の有無などの適性に関する質問にも回答する必要がありますにゃ。

ESTA渡航認証を印刷し、、渡米の際に空港で提出する必要はありますか?

渡米の際にESTA渡航認証のコピーを提示する必要はありませんが、、渡航認証を印刷することをお勧めしますにゃ。ESTA渡航認証に記載されている申請番号はESTAの更新または状況確認の際に必要ですにゃ。

 

スポンサーサイト

comment

Secre

フリーエリア
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
フリーエリア
フリーエリア
最近の記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。